無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

笑顔
お母さん
お母さん
りき君にまさか抱きつかれた?
you以外
ぇ))ボソッ
you
うん!りきってちっちゃい時からそうだよねー!!
お母さん
お母さん
そうね!
お母さん
お母さん
照れちゃった?
you
当たり前でしょ!距離すごく近かったし!
私よりも背おっきいし
you
それにかっこよかったし))ボソッ
ななもり
ぇ))ボソッ
you
この話はもうおわりご飯を食べてはやく寝るの!!!
お母さん
お母さん
そうね!
you
モグモグご馳走様!
you
お風呂入ってくるね!
あっでもお風呂ってどこにあるんだろう?
お父さん
お父さん
お風呂はリビングを出て
左にまがったらあるよ!
you
ありがとうございます😊
すとぷり
キュンッ
はるか視点



お風呂っお風呂!!!
うゎーデカっい!はやく入ろう!
ザッブンッはぁー気持ちいー
さいっこう!
そろそろ上がろうー


ふぅー気持ちよかったー


はるか視点おわり
you
上がったよー私部屋行くねー!
ななもり
じゃ次俺はいるね!
ななもり。視点


ザッブンッはぁーお風呂はいいなーー!
あいつの幼馴染みのりく君?ってどんな人なんだろう?
たちって言ってたから1人じゃないよね?you幼馴染みの人たちのこと
かっこいいって小さい声で言ってた。その時胸がモヤモヤした。
好きっていう感情ではないけど、ドキドキしなかったし!
でも、お父さんにありがとうございますって言った時の笑顔にキュンってした。
その瞬間心のどこかであいつを守らなきゃって思った。この気持ちはなに?
ていうか、そろそろ上がるか!



ななもり。視点おわり
ななもり
上がったよーーーーーー!