無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🔞🔞🔞
スビニヒョンの手がバスローブの下に、
🐰んふっ、かわい
そしてバスローブをぬがしてきた。
🧸スビニヒョンだけ脱がないの?ずるいっ
🐰うわぁ、小悪魔ボムギュ可愛すぎかよォ(笑)
🐰脱いで欲しかったらぁ、可愛くお願いして?
僕はスビニヒョンにキスをして、
🧸お願いします、スビニヒョンっ
🐰いいよっ
さっきより濃厚なキス
スビニヒョンの舌が首筋をなぞって、手が僕の足に、
今度はお腹に舌が来て、だんだん下にいって、
🧸ふぁっ、あぁ、
すると、スビニヒョンの大きい手が入ってきて
🧸んぁっ!!
🐰入れていい?
🧸うん//
そうするとヒョンのモノが入ってきた
🧸ひゃぁっ////
🐰んッ//
部屋に音が響く、、
🐰いくぅっ
🐰あんっ//
🐰はぁっ、はあっ
🐰ボムギュイかなかったね、イかせてあげる、まぁイっててももう1回イかせるけど
すると、僕のモノをくわえてくる
🧸んぁっんあっ
🐰そんなに気持ちぃ?涙出てんじゃん
そういうヒョンの口が糸を引いてて、また咥えられて
🧸スビニヒョン!イっていい、ですか?
🐰だーめっ
ここからもう記憶が無い、、
結構やばいですね、すいませんでしたァ