無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第1話

🐰🧸
🐰ボムギュヤ!起きて!
そうやって甘ったるい声でまいにち起こしてくれるのは、メンバー兼彼氏のスビニヒョン
🧸「ん〜〜スビニヒョン〜まだ眠いよぉー」
すると、スビニヒョンがキスをしてきた
🧸「んッ」
🐰「これで目が覚めた?」
スビニヒョンはそう言ってフッと笑った
いつもこうやって僕をからかってくる。
唇をムッと尖らせて怒ってみても全然効果はない
🐰「ほら、早く起きてぇ朝ごはんできてるよ」
🧸「もう1回キスしてくれたらいいよっ//」
🐰「だーめ、キスはちゃんと起きてからもう1回してあげる」
🧸「絶対だよ?」
🐰「うんっ」
スビニヒョンが作ってくれる朝ごはんはめっちゃくちゃ美味しいんだぁ!
🧸「美味しー!」
🧸「いつもありがと!」
🐰「うん‪(笑)」
今日はスビニヒョンとお出かけ!だから早く用意しないとだ!
あ、そうだ
🧸「スビニヒョン、キスは?//」
🐰「しょーがないなー」
スビニヒョンの甘いキス
🧸「スビニヒョンだーいすき」
🧸「スビニヒョンかっこよすぎでしょ」
🐰「我慢できないよ?いいの?」
🧸「まだ朝だよ?(笑)」
🧸「ダメに決まってんじゃん、帰ってきてからしよ?」
🐰「早く夜になれぇーー」
🧸「やめてよー(笑)」