無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ボムギュサイド
🧸たっだいまー
🧸お腹すいたよースビニヒョン
🐰はいはい、じゃあ何がいいの?
🧸うーんとね、スビニヒョン
そう冗談混じりでゆってみたら、、、
🐰ほんとにいいのかなぁー?ボムギュちゃーん
🧸嘘だよ嘘!
🐰かわいっ(笑)
🐰じゃあ今日は作らないでなんか買いに行こっか
🧸いいのー?やったぁ!
🧸じゃあ行こ!
🐰うんっ
🚗 ³₃
🧸早く食べよ!
🐰🧸いただきマース!
🍴
🐰🧸ごちそうさまデシタ!
🐰じゃあデザートはボムギュにしよーと
🧸えっ!?
🐰じゃあ一緒にお風呂はいろ?
🧸う、うん///
🛀
🐰ボムギュおいで?
そう言って手を広げて待ってるスビニヒョン
🧸失礼しまーす
🐰何それ(笑)かわいっ(笑)
🐰🧸・・・
🐰洗ってあげよっか?
🧸え、え、あ、///いいの?///
🐰うん(笑)
🚿
🧸スビニヒョン、どこ触ってんの//
🐰言っていいの?
🧸んッ///
🐰何?耳弱いの?(笑)
🧸ちが、ンッ//
🔞🔞🔞
やっと上がれた〜
そしたらスビニヒョンがバスローブを来てベッドで待ってた、しかも髪ちょっと濡れてるし、、
🧸歯磨き終わったの?
🐰うん
🧸僕も終わったよぉ
🐰おいで
そして思いっきりスビニヒョンに飛び込んだ
🐰わっ?!ボムギュ〜(笑)びっくりしたよ(笑)
🐰つっかまえた
とゆって僕にキスをしてくる
🧸はぁッ//
お互いの息が乱れてきて、
スビニヒョンの舌が入ってきた
お互い息も荒くなって、ベットに押し倒された
🧸す、スビニヒョンッ//