無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

今更。
闇華side







私は思った。









なぜ女子なのに男子校にいるのだろうと。









普通入れないもん。















……あぁ!!全部パパがいってた所に行ってるからか!!








なんていう理由で男子校にいるのだろう。





なぜこの学校はこの理由で女子を引き受けたのだろう。







伊野尾先生「俺の名前は伊野尾慧!!よろしくね!」






??「先生って喧嘩強いんですか〜?笑」





伊野尾先生「一応できるよ。だってヤンキー高だもんね!ここ!!」







先生も喧嘩かぁ〜……






??「てかなんであそこの一番後ろのはじっこに女子いんの。」















ゲッ……触れられてる……ま。外見とけば大丈夫だよね……










伊野尾先生「あぁ!!家庭の事情で!!自己紹介させる!!
      みんなは中学から一緒だから全員分かるでしょ?」






闇華「自己紹介とか聞いてね……自己紹介とか聞いてません。」








伊野尾先生「ま!!いいからいいから!!!」





闇華「……闇華あなた(やみはなあなた)です……よろしくお願いします…」







??「いいねぇ……女子。可愛い。」






??「あのアザ気になる」





ゲッ……隠さなきゃ……





必殺!!!上着!!!!






闇華「寒っ……バッ」







??「絶対隠したでしょ今の。」







あぁ!!もう!!!うるさいうるさいうるさい!!!








外見てるから誰かもわかんないしぐちぐちるっせぇんだよ!!














??「ね。闇華あなたちゃん。」





前の席のやつ話しかけてきやがった。






闇華「なんすか……」







??「俺と仲良くしてくれませんか?」






闇華「いいっすけど……名前なんて言うんすか。」





田中「いってなかったね!田中樹!!!」




闇華「樹……いい名前してんね」



田中「ヤンキー高だけど大丈夫?」





闇華「大丈夫大丈夫。そんな喧嘩に関わるようなことしないから。」






田中「そっか!!これからよろしく!!」






闇華「よろ〜……」
取り敢えず……






















友達できてよかったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……









シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み♡
み♡
.元 星 宮 . あ と 何 万 回 キ ミ に 好 き と 伝 え れ ば こ の 恋 は 実 る ? き っ と 何 万 回 伝 え た っ て 実 ら な い ん だ ろ う . で も キ ミ が 幸 せ な ら そ れ で い い ん だ . キ ミ の 幸 せ が 私 の 幸 せ . い つ ま で も い つ ま で も キ ミ の ク シ ャ ッ と 笑 う 幸 せ そ う な 笑 顔 を 私 に 見 せ て く だ さ い . ______________________________ 始 め た 日 2019/08 フ ァ ン マ / 🐰🎀 メ イ ン 作 / Sexy Zoneの問題児ちゃん໒꒱· ゚ 作 品 数 / 21 不 定 期 投 稿 で す . 緩 く 気 楽 に 書 い て ま す . 🍌💖/🌻🌈/🌹🎬✨/📚🌹/👑💍/🥀💍/
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る