無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

次は真選組におじゃまします

―あの日から1週間―


 銀ちゃんの土下座の日以降、私はまたもや暇を持て余していた。

 …何でこう、こんなに暇なんだろう。

 とまぁ、そういう思考しか出なかったので、今現在、私はそこら辺をブラブラお散歩中。


貴「…おょ?」


 おそよ5㍍程先で、何か起こってるみたいだった。

 あれは…パトカー?

 ということは…


貴「総悟ーーっ!!!」

総「あり、あなたじゃないですか」


 やっぱり。

 総悟いた。


貴「ねぇ、どうしたの?」

総「あぁ、ちょっと事故があっただけでさァ」

貴「へぇー…」


 【何か聞く?】

 ▽聞かない。

 ▼真選組に遊びに行っていいか聞く。

 ▽土方さんをどう思ってるのか聞く。


 いや、土方さんをどう思ってるのか聞いても答えは分かりきってるでしょ。

 かといって、何も聞かないのもねぇ…


貴「ねぇ、真選組に遊びに行ってもいい?」

総「俺ァ、構いやせんぜ」

貴「土方さんは?」

総「あぁ、死にやしt…土「誰が死ぬか!! 嘘ついてんじゃねぇよ!!」

総「あぁ、生きてたんですかィ」

土「生きてるわ!!! 勝手に殺すな!!」

貴「ねぇ、怒ってなくていいから、真選組に行ってもいい?」


 登場シーンからずっと怒りっぱなしの土方さんを少し宥めると、私は早速本題を聞く。

 すると、土方さんは落ち着いたらしく、私に向き直ると、少し考えた後こういった。


土「まぁ…別にいいが、隊士達を誘惑するなよ?」

貴「ゆうわく?」

土「…あぁ、無自覚なのか」

総「当たり前じゃないですかィ。ひなですぜィ?」

土「それもそうだな…」

貴「むっ」


 ちょっと2人が失礼な事を言ってるような気がする。

 ゆうわくって何なのーっ!!


土「とりあえず…だ。隊士達にあんまり笑顔振りまくなよ」

貴「えぇっ!?」

総「それだけであの隊士達はクラッとしちゃってるんでさァ」

貴「クラッ…?」

土「そうだ。…じゃ、行くか」


 よく意味が分からなかったけど、とりあえず暇潰しは出来るみたいだから、良いかな。

 さてさて、早く行こう♪


 …あれ、事故ってどうなったんだろ?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひなた@~(-△-。)💖🥀
ひなた@~(-△-。)💖🥀
作品数100狙ってるんだけど・・・そんなにかけるかどうかよ( ˙-˙ )投稿頻度早い時もあるし、遅い時もある。気が向いたら書くやつ。アイコンは羅夢音(らむね)さんが作ってくれました! 名前 hinata(本名じゃない) 血液型はO型 身長・・・(´;ω;`) お姉ちゃん・・・白いタイル💠❆💠 メナ太郎 りりか @anko 大好きなユーザー様 さぁや🥀 @anko 白いタイル 狼くん はい。( 厂˙ω˙ )厂うぇーい 新メンバー!? すとぷりのお話ですね( ˙꒳​˙ ) ごめんなさい・・・ すとぷりのお話ですね( ˙꒳​˙ ) 裏切るなら関わらないでよ・・・ すとぷりのお話ですね( ˙꒳​˙ ) まふまふとの恋 After the Rainのお話ですね( ˙꒳​˙ ) hinataの雑談部屋🌻 雑談部屋ですね( ˙꒳​˙ ) ファンクラブ さぁや🥀 🎧和恋🐥 @anko 紅葉(*╹▽╹*)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る