無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

トランプやるからには絶対負けない!
ちょっとした短い話し合いの中で決定したのが、ババ抜き。
妥当っちゃ妥当だけどさ…

もうちょっと、大富豪とかそういう選択肢はなかったの…?

…まぁ、大富豪したいなんて言わなかった私が悪いんだけど。


銀「じゃ、準備は整ったな?」

貴「うん、バッチリ」

神「私もネ」

新「僕もOKです」

銀「順番はじゃんけんで決めていいよな?」

貴「いいよ。んじゃ、じゃーんけーん…」


 【何を出そうか?】

 ▽グー

 ▼チョキ

 ▽パー


いや、何となくね、何となく。

今はチョキが出したい気分だったのっ!!


全「ぽんっ」


…はい、結果。

銀→グー 神→グー 新→チョキ 私→チョキ


貴「あー、負けちゃった」

神「じゃあ、次は私と銀ちゃんでじゃんけんアル」

銀「ぜってー負けねーからな」

神「ふん、呆気なく負けて悔しがるがいいネ。じゃんけん…」

銀神「ぽんっ」


2回戦目の結果ー。

銀→パー 神→チョキ


神「ふっ、頭がパーだからパーでも出したアルか? それとも天パだからか?」

銀「うるせーよ!! 天パはかんけーねェだろうが!!」

神「ま、とりあえず私の勝ちネ。あなたのひくアル」

貴「あ、うん」


私はそう言うと、手元のトランプを神楽に近づける。

すると、神楽が手際よくサッと1番右のトランプを取った。

…あ、ちなみに、私の手持ちにババはナシ。


神「揃ったアル!!」


神楽がそう言いながら場に数字の揃ったトランプを出す。

えっと、次は私が新八のひく番か…


新「あ、はい、どうぞ」

貴「ありがと。んー…」


 【どれを引く?】

 ▽地味にちょこんと出てる奴

 ▽1番左の奴

 ▼1番右の奴


いや…あのさ、地味のちょこんと出してる奴って、絶対ババだよね?

何でそんな分かりやすい事を…

新八、私にはそんなの通用しないのだぁーっ!!

そんな事を思いながら、私は1番右の奴を引いた。

そして…後悔。


貴「んなっ…!?」

新「ふっ…」


私の手元に来たのは――ババ。

新八が「どーですか、この作戦!!」とでも言うように誇らしげな顔をしていた。

くぅーっ!! 悔しいっ!!

あんなのに引っかかるなんて…

今度は私が作戦を考えて、ひっかけてやるぅっ!!

そんな事を思いつつ、新八が銀ちゃんのトランプを引くのを眺めていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひなた@~(-△-。)💖🥀
ひなた@~(-△-。)💖🥀
作品数100狙ってるんだけど・・・そんなにかけるかどうかよ( ˙-˙ )投稿頻度早い時もあるし、遅い時もある。気が向いたら書くやつ。アイコンは羅夢音(らむね)さんが作ってくれました! 名前 hinata(本名じゃない) 血液型はO型 身長・・・(´;ω;`) お姉ちゃん・・・白いタイル💠❆💠 メナ太郎 りりか @anko 大好きなユーザー様 さぁや🥀 @anko 白いタイル 狼くん はい。( 厂˙ω˙ )厂うぇーい 新メンバー!? すとぷりのお話ですね( ˙꒳​˙ ) ごめんなさい・・・ すとぷりのお話ですね( ˙꒳​˙ ) 裏切るなら関わらないでよ・・・ すとぷりのお話ですね( ˙꒳​˙ ) まふまふとの恋 After the Rainのお話ですね( ˙꒳​˙ ) hinataの雑談部屋🌻 雑談部屋ですね( ˙꒳​˙ ) ファンクラブ さぁや🥀 🎧和恋🐥 @anko 紅葉(*╹▽╹*)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る