無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

169
2021/06/16

第10話

👑
ソロデビューに向けて毎日が忙しく
あっという間にデビューの日になった
街のいたるところに私の顔の広告と曲が流れていて
不思議な気持ちになった
あなた

((これおばあちゃん見たらなんて言うかな、、))

あなた

((喜ぶだろうな))

ありがたい事に初めて出した曲は大ヒット
テレビにも引っ張りだこで寝る時間もないくらい
賞もいただいて今が人生の最高潮かなーなんて
そう思っていた
私は会社から部屋を借りてそこに住んでいた
しかし何者かが夜中に火をつけて火事になった。
私はそのトラウマから火を見るとその日の事を思い出し涙が出てくる

新しい部屋を待つ間、
他のアイドルの宿舎で共同生活を
して欲しいとのことだけど
誰なんだろう、、、