無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

159
2021/06/16

第8話

👑
練習室に入ると一気にみんなが私の方を見て
コショコショ話をしていた
私は怖かったけど
とても上手とは言えない韓国語で自己紹介をした

するとみんなが拍手をしてくれて歓迎してくれた
私は嬉しくて涙目になったけどグッと堪えて
練習に励んだ
日が経ち私はまだ下手だけど韓国語もそれなりに話せるようになった。
そして担当のダンストレーナーが
ダンストレーナー
ダンストレーナー
今日であなたは練習生終わりね!
ソロデビュー頑張ってちょうだい
あなた

ありがとうございます♪

すると周りがざわついた
私は不思議に思い周りをみる
みんな
え?まだ入ってきたばかりだよね
みんな
なんであの子が、、、
みんな
私達の努力が馬鹿馬鹿しく思える
その通りだ
後から入ってきた私なんかが、、、
ダンストレーナーが部屋から出た後

この空気に耐えきれず部屋を出た








ソロデビューまで時間があり自主練に励んだ

その間には靴が盗まれたりタオルを切られたり散々な目にあった
でも夢のために一生懸命になっていた