無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

161
2021/06/16

第14話

👑
それから月日が経ち 
宿舎での生活も慣れていった。
ありがたい事に新曲を出すたびに一位になり
賞もたくさんいただいた
でも私の心にはモヤモヤがある
それはスキズのみんなと暮らしていることがもしバレたら、、、
スキズも今すごく人気だし、私の歌手生活終わるだろうな
そんな事を1人で部屋で考えてたら
リノ
リノ
あなたやー
あなた

リノオッパ、

リノ
リノ
また一位だったね、、ってどうしたの?
私は涙が溢れてきた
リノオッパは何も言わずに抱きしめてくれた
あなた

わたしっ、、、

あなた

すごく不安

あなた

いきなり韓国にきて気づいたら有名になっていて、ファンもたくさんいてくれるけどその分アンチもいて、、

リノ
リノ
僕も最初そうだった
リノ
リノ
自分たちが有名になるに連れて批判の声もよく耳に入ってきた
リノ
リノ
でもあなたはよくやってるよ
リノオッパの言葉に更に涙が溢れてくる。
今は深夜1時
リノ
リノ
今日は一緒に寝る?
あなた

うん

オッパは後ろから私をぎゅーして
隣で寝てくれた
オッパの広い肩幅に包まれて、安心した
その次の朝、この状態があのメンバーにばれてしまう事を知らずにスヤスヤ寝ているリノとあなた