無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

250
2021/07/10

第11話

禁断の______桃青
桃side
さとみ&ころん
カンパーイ!
リビングから取ってきたコップにジュースをくみ乾杯をする。

時間は深夜の2時半。なーくん達がようやく夢の中に入り、これからは俺ところんの時間だ。

ころんが用意したゲームをカセットに入れ、2人で楽しく2人でゲームを楽しむ。(あ〜このために俺は毎週仕事を頑張ってるんだなぁ)と思う瞬間だ。この時間に飲む酒はいつもより何倍もうまい。


ころん
うわぁぁぁ!!
さとみ
‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w
自分が持ってきたゲームということもあってか先程までかなり余裕よ笑みを浮かべていたころんの顔が一気に変化した。ふすっとした顔でこちらを睨んでくる。
ころん
おかしい!なんで勝てないの!!?
さとみ
さぁな‪wまぁでも今のは惜しかったな
ころん
ああああああああぁぁぁもう!
さとみ
‪w‪w‪w‪w‪w‪w
その後もころんは何ども俺に挑んできたが、1度も俺に勝つことは出来なかった。
そして俺たちはその日、2人で騒ぎ明かしたのだ...


































































??
...
自分達の見に迫っている危険にも気が付かずに