無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
300
2021/07/19

第13話

七夕 〜続き〜
ジェル
ころーんまだー?
ころん
もうちょい待って!
七夕というイベントが終わり、いつも通りの朝を迎える。
ころん
おまたせ〜!
ようやく支度を終わらせたのか、出てきたころんは少し息を切らせながら玄関に出てきた。
ななもり
2人とも今日は早いね?
時刻は午前7:00いつもより1時間程早い時間だ
ジェル
俺らもうちょいでテストやろ?だからはよ行って学校の図書室で勉強しよ思て。ころんも部活朝練らしいから
ななもり
へぇー偉いね。気おつけて行ってらっしゃい
ころん
なな兄!行ってきます!!
ジェル
行ってきます〜!
ななもり
行ってらっしゃい〜
寝ている兄弟をできるだけ起こさないよう少しゆっくりと扉と鍵を閉める。
ころん
あれ、?
学校に行こうとしたその瞬間、地面に1枚の短冊がヒラヒラと笹から落ちてくる。
ジェル
これ莉犬の短冊やん
ころん
風で落ちたのかな?
ジェル
一応元の場所に吊るしとこ......フフッ
ころん
どうしのジェルくん?
ジェル
いや、なんでもない...行こっ!
ころん
えっちょっ!?
短冊を元の場所に吊るしそのまま学校へと走り去っていった


















これからも家族仲良く暮らせますように
さとみ



家族全員が幸せに暮らせますように
ななもり


次の大会でいい結果を残せますように
ころん



もっと色々な場所にみんなで遊びに行きたい
るぅと




今年も家族みんなが毎日笑顔で暮らせますように
莉犬

________________________________________________

七夕〜続き〜ありがとうございました!

前回の七夕の翌日のお話です!

前回コメントくださった方々ありがとうございました┏○))ペコリ