無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

577
2021/05/09

第3話

はじめてのおつかい2話完結
るぅとside______
莉犬
ワクワクッドキドキッ
るぅと
莉犬楽しそうだね^^*
莉犬
うん!
莉犬はしっぽをフリフリしながらテーブルに座った。

理由は1つ
今日の晩御飯はなな兄の作るハンバーグなのだ。なな兄のハンバーグはとっても美味しいんですよ?

僕と莉犬はテーブルでなな兄のお手伝いをするんです!ボールをテーブルに乗せてお肉をこねる準備をする。

ハンバーグが好きなのはこうして莉犬と2人でこねる作業も理由に入っていたりする。
ななもり
るぅと
あれ、なな兄どうしたんですか?
ななもり
ご、ごめん…2人とも。材料…買い忘れちゃった
なな兄が申し訳なさそうに頭を下げた。なな兄がそんなミスをするなんて珍しい
莉犬
ハンバーグ…出来ないの?
ななもり
いや、できるよ!でも…今から買ってきて準備するとなると結構時間かかっちゃうかも
るぅと
なな兄…いつもいっぱい疲れてるのに…
今は夏ということで外はすごく暑い。
暑い中学校で疲れているなな兄をまた…
それに莉犬もハンバーグを楽しみにしていた。どうしようか…
るぅと
あっそうだ!莉犬?僕達で買いに行きましょうよ!
莉犬
へ?
るぅと
莉犬ハンバーグ食べたいでしょ?
ななもり
でも…
るぅと
なな兄?何が足りないんですか?
ななもり
た、玉ねぎと卵・牛乳かな
るぅと
それなら僕達だけでも行けますよ。ね?莉犬。お手伝い…ですよ?
莉犬
お手伝い…
莉犬は少し考えて顔をパッとあげた
莉犬
いく!!!
莉犬とのはじめてのおつかいが決定した