無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

♯3
ー学校ー



悪魔は私の後ろを歩いている


私以外には見えないらしい...うん
悪魔
お!あいつなんていいんじゃね?うまそう
そう言って、一人の男子を指す
you
(確か名前は...太井健斗君だっけ?)
悪魔
行けよあなた!初の獲物だ!
そう言って、悪魔は私の体を押す
you
キャ!
ドンッ!




you
ご、ごめんなさいっ!
少女漫画のように、私は太井君にぶつかった
太井健斗
だ、大丈夫です///
悪魔
(上目遣いとか、あざといなー)
you
って、スミマセン!ボタンが...ッ!!
私のシャツのボタンが太井君のズボンのほずれていた糸に



引っ掛かる...!
悪魔
(少女漫画見てー(笑))
you
えっと...!
太井健斗
あ、待ってて、はずすよ...///

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

海月
海月
open↓ 海月→くらげって読むよ   ファンマ→💘🐥 中三なので更新→🐢 マジで絡んでくれる人(*^-゜)vThanks!です これからも...応援してください😆 himeriってよんでてくれた人そのままhimeriってよんでね #color テスト→近い=🐢 close↑
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る