無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

ボムギュ"ヨンビン"



この前先輩方がやっていたようにクローゼットに入って覗き見するということに挑戦した


·


チャヌ
チャヌ
クローゼット…
ウジ
ウジ
クローゼットに入ったのかよ…
ジミン
ジミン
今度やるといいよ、マジでいいものが見れるから


·


少し暇を潰していると2人が部屋に入ってきた、僕はラーメンを食べたけど2人はまだ食べていなかったようでスパゲッティを食べだした

赤いトマトソースがよく絡まった麺をフォークで巻き取り口に運ぶ



·


ジミン
ジミン
趣向ずれてね?
ウジ
ウジ
グルメ日記…
ボムギュ
ボムギュ
すぐ終わりますからっ


·


2人はたわいもない会話をしながら普通に食べていたけれど、ヨンジュンの頬にソースがつきスビンがそれを舐めとった、すると…



·


チャヌ
チャヌ
書き手の上下関係は入れないんですね
ユンギ
ユンギ
チャヌ…少し長いこと黙ってて



·




すると何事も無かったかのように食べ始めるスビンとは違いヨンジュンは頬を真っ赤に染め、舐められたところに手を添え完全にときめいたこと乙女の顔をしていた…萌える



·



ユンギ
ユンギ
おい
ボムギュ
ボムギュ
すいません笑