無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ヨンジュンは食事中顔を赤らめたままだったが、その後は安全に食事がすまされた

スビンが食器をかたしに1度部屋を出た
少し経つとまた部屋に入ってくる

ヨンジュンのそばに座った
完全に二人の世界だ…

向かい合うように座る2人は見つめ合いながらゆっくりと顔を近づけ…

口づけををする…

少し長いことするとまた唇が離れる
離れた唇を足りないとでも言いたげな表情で
見つめるヨンジュンはとてもエロかった…

離れた唇はまたくっつき、さっきより深く
キスを…

最初はキスと言えるものだったが、スビンがヨンジュンの手に指を絡めそのままベットに押し倒しながら…

だんだんとやばくなっていった…



·



ジミン
ジミン
ヤバい…
ウジ
ウジ
ヤハ…
ボムギュ
ボムギュ
ウジさん彼氏の特徴いれてくるとかラブラブですね
ウジ
ウジ
…ちがうっ//
チャヌ
チャヌ
彼氏!?
ユンギ
ユンギ
黙れ