無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

雨の日

ジリリリリ___

ひまりは重い体を起こした。

「入学式かぁ」

私、成宮ひまり (なるみや ひまり)は今日から高校生になる。

嫌な気持ちを抑え、リビングに向かった。


キッチンからは私の好きなコーンスープの匂い。

「ひまり、おはよう」

この高身長男子は私のお兄ちゃん、成宮凛音(なるみや りお)凛音は私の2個上だ。

ひまり「おはよー、今日はコーンスープ?」

凛音「そう!今日はひまりの入学式だし、好きな物 作ってあげようと思って」

ひまり「うん、ありがとう、」

??「あー、腹減った」

今、私の頭の上にあごを乗せたやつ、こいつも私のお兄ちゃんの成宮蓮音(なるみや れお)
蓮音も私の2個上で、凛音よりもすこーしお兄ちゃん
凛音と蓮音は双子で生まれた。

ひまり「重いんだけど」

凛音「おはよう、蓮音」

蓮音「うるせえチビ、おー、はよー」

おい、チビ言うな

蓮音は私から離れてベランダに出た。

蓮音「ひまりもついてねーな、入学式の日に雨降るとか。」

きっと、私の心の色が空の色になったんだ。
私の心も雨みたいに泣きたくなってる。

___.。o