無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

私がプリンセス??

担任「今から文化祭について話すぞ」

クラスメイト「文化祭!!」

クラスメイト「えー!楽しみ!!」

宙「なにすんの?」

そらくんが私に顔を近づけて聞いてくる。

私は自分の気持ちを知ってから、胸がきゅーっとなって、そらくんの顔を見れなくなった。

ひまり「なにするのかな、」

私が翔ちゃんを見ながら答えると、そらくんが私の肩をトントンと叩いた。

宙「なあ、なんでこっち見ないの?」

ひまり「な、なんでもないよ」

担任「まず、文化祭は2日間ある。1日目は、各クラスのステージ発表。2日目は模擬店を出せる。2日目の夜は、後夜祭があるぞ。」

クラスメイト「ステージ発表と、模擬店ってなにするの?」

担任「それを、級長中心に話し合ってほしい。」



級長「じゃー、まずステージ発表から。」

クラスメイト「ステージ発表かー、なにしよう。」

クラスメイト「劇とか面白そうじゃない!?」

クラスメイト「面白そう!」

級長「なんの劇がいいかな?」

クラスメイト「んー、」

クラスメイト「白雪姫、私好きだな」

クラスメイト「白雪姫いいやん!」

級長「うん、面白そう!」

宙「誰がどの役すんのー」

クラスメイト「やっぱ、白雪姫の役はー、」

ひまり「え?」

みんなからの視線が私に集まる。

そらくんは私がおどおどしているのを見て笑った。

ひまり「私が白雪姫?!」

級長「成宮がよければ」

宙「いんじゃない??お似合い」

そらくんは八重歯を見せて笑った。

ひまり「じゃ、じゃあ、王子様は?」

私の一言で隣の席の人に視線が集まった。

そらくんは、はあ?!っと言って立ち上がった。

私はおかしくて、笑うとそらくんはムッとした。

宙「俺、演技とか無理なんだけどー」

級長「ええー」

クラスメイト「お似合いだよね」

クラスメイト「美男美女だし」

クラスメイトがみんな頷いてる。

未羽「あ、でもさ、白雪姫ってキスシーンあるよ?」

クラスメイト「え!!ひまりちゃんと宙がキス!?」

クラスメイト「キャー!!!!」

クラスの女の子達が騒ぎだす。

私も、好きな人とのキスは恥ずかしすぎる。

宙「顔赤くなってんぞ」

そらくんは私の頭に手をおいた。

ひまり「そんなこと!」

私がそらくんを見て言い返すと、ニヤニヤしたそらくんの顔がある。

これは、なんかたくらんでるな、

宙「俺やるー、王子様」

級長「まじ?」

クラスメイト「え!!おまえキスすんの!?」

クラスメイト「やばやば!」

宙「しねーよ、キスしたふりでよくね?」

そらくんの一言でみんなが納得する。

私も安心していると、そらくんは私の耳元に顔を近づけた。

宙「ほんとにキスしてやろっかなあ」

ひまり「っ!!!」

ニヤニヤしたそらくんと、顔が真っ赤な私。

私もプリンセスになれるかな、



_____