無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

私の秘密(1)

宙「なにしてんの?」

一ノ瀬くんだ、、
なんか安心した。ホッとした。

ひまり「なんでもない」

私が下を向くと一ノ瀬くんが私の隣に座った。

宙「なんかあった?」

いつもとは違う。優しい声。
暖かい声。

ひまり「ねえ、聞いて」


____



私は京谷先輩のことを話した。
一ノ瀬くんは黙って頷きながら聞いてくれた。

一ノ瀬くんはしばらく喋らなくなって私が顔を覗き込むと、口を開いた。

宙「成宮って、恋とかしないの?」

ひまり「...うん、しないよ。」
「今までも、これからも、」

一ノ瀬くんはちょっとだけ辛そうな顔で言った。

宙「俺は恋をしないって言う成宮の気持ちがわからない。」

ひまり「私の気持ちなんかきっとわかんないよ」

私が苦笑いをしてそう言うと
一ノ瀬くんは少し怒ってこう言った。

宙「俺は知りたいよ、お前の気持ち。ひまりの気持ち」

私はこの時一ノ瀬くんなら話してもいいと思った。
きっと受け入れてくれる。

今までの悩みを一ノ瀬くんに話した。


「あのね」