無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

デートのお誘い

ピコン

宙(今週末に花火大会あるらしい、行かない?)

そらくんからのLINE
夏休みに遊ぶ約束、ほんとだったんだ。

私は嬉しくなって直ぐに既読をつけた。


ひまり(行きたい🤭)

宙(よっしゃ!)

ひまり(2人も誘ってみるね)

宙(おけー)

そらくんは変なスタンプを送ってきた。
私は、未羽にLINEをした。


ひまり(今週末の花火大会、4人で行かない?)

未羽は秒で返信をしてきた。

未羽(行く!!!!!!)

ひまり(よかった、響くんにも伝えてくれる?)

未羽はりょーかいとスタンプを送ってきた。

そらくんに行けるよって言わなきゃな。

ひまり(みんな行けるって)

私がLINEを送ってすぐに電話が来た。

そらと書いてある。

少し緊張して電話に出た。



ひまり「もしもし」

宙「ひまり?」

久しぶりのそらくんの声。

初めて電話したからか、ドキドキする。

声がなんか、かっこいい。

宙「ひまり?どーかした?」

ひまり「いや、なんでもない」

宙「そ、なんかひまりの声聞きたくなって電話してみた。」

そらくんはへへっと笑った。

ひまり「ふふ」

宙「花火大会楽しみだわ」

ひまり「私も、花火大会に友達と行ったことないから」

宙「俺達と行けるからじゃないのー?」

ひまり「ち、違うくもないけど、、」

宙「あははは」

ひまり「ねえ!バカにしないでよ」

宙「ひまりと行けるから俺はめっちゃ楽しみ」

ひまり「私も宙くんと行けるの嬉しいよ」

宙「今日素直じゃーん」

ひまり「うっさい」



宙「じゃあ、花火大会楽しみにしてる」

ひまり「うん、またね」

花火大会が楽しみだな

私は自然と笑みがこぼれた。


____