無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

☘️
夕飯の後、順番でお風呂を待っている間、
マネージャーさんがNCTのDVDを見せてくれた。
ソファに座って観ていると、隣に風呂から出てきたテヨンが座ってきた。
テヨン
テヨン
どうですか?
あなた
うん、凄いね。ビックリしちゃった。
あなた
あ、ちょっと髪の毛もっと乾かしたら…
テヨンの髪の毛から雫がポタポタと落ちて、肩にかかったバスタオルに水滴が吸い込まれていく。
テヨン
テヨン
こーすれば大丈夫です。
いきなりテヨンは頭を振り回して、水滴があっちこっちに飛び回る。
あなた
や!冷たっ!
マネージャー
わわわ!止めろって。
あなたとマネージャーは慌ててソファから立ちあがる。その様子を見て、テヨンはクスクス笑っていた。
あなた
もー、子供かよっ。
あなたはバスタオルを持ち上げて、わしゃわしゃとテヨンの髪の毛を拭いてあげたが、包帯が濡れて傷口が染みた。

痛っ。。。

左手を掴んで、痛みを堪える。
もう血が止まっているから大丈夫だと思ったんだけどな…。
テヨン
テヨン
痛いですか?お風呂終わったら、包帯変えた方がいいですね。消毒もしなきゃ。
マネージャー
僕、救急道具持ってきますね。
マネージャーが部屋から出て行ったので、2人きりになってしまった。
テヨン
テヨン
今のうちにお風呂入ります?もう皆シャワー終わったんで大丈夫ですよ。
あなた
あ、じゃあそうする…
あなたは部屋に戻って、化粧落としやらシャンプー、寝巻き用のトレーナーを一式を準備する。ブラとか外しといた方が良いよな…。
サラシとか巻いた方がいいのかな。幸いなのか残念にも私は胸はない方だから巻かなくても大丈夫な気もするけど…。