無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

☘️
暫く練習生に混じって練習していると、
テヨンが誰かと一緒に入ってきた。
現場の雰囲気が急に変化したのか分かるくらい、練習生達の動きが変わった。





練習生
うわー。テヨン先輩だよ。
皆んながザワザワする中、私は練習生の後ろにさっと姿を隠した。





テヨン
テヨン
あ、ユミさん、あなたさんは?
ユミ
あれ?
ユミ
さっきまで一緒に練習してたんだけどな
次の曲が始まり、皆がまた踊り始めたので、仕方なく私も練習生に紛れて踊り出す。





謎の韓国男性
なー、テヨン。あのフードの子めちゃ上手いんだけど
テヨン
テヨン
ん?
テヨン
テヨン
ハハハ。何やってんのかね、あの人は…
テヨンがリズムをとりながら、後ろの列の方へ歩いてくる。
私の隣りに来ると、テヨンも一緒に踊り出した。
テヨン
テヨン
あなたさん、何で後ろで踊ってるんですか?
あなた
う…
あなた
目立つからあっち行ってくれないかな…
ボソリと日本語であなたは呟いた。
謎の韓国男性
なになに?
謎の韓国男性
もしかしてテヨンが話てた子?
今度は爽やかな青年が隣りに来て、テヨンと青年に挟まれてしまった。
謎の韓国男性
日本からきたダンスの先生ですか?
日本語が急に聞こえてきて、あなたは顔を上げて男の子の顔を確認する。
あなた
あ、もしかして…
そういえばテヨンのグループに日本人がいるって言ってたよね。