無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

☘️
練習生
日本人?悠太先輩と同じ。
練習生
ホント、君上手いね。
僕ここのステップ苦手なんだけど…
その男の子は、ステップを踏んでゼスチャ〜を使って何かを訴えてくる。




これは教えてくれと言うことか?





英語でカウントを取りながら、
見本を見せてあげると嬉しそうに笑顔で反応される。
練習生
もう少し教えて下さい。僕、ウェーブとか苦手で見せてください。



何やら身体をウネウネしたダンスを見せられる。



もしかして、ウェーブがしたいの?
あなた
ウェーブが見たいの?
練習生
はい、ウェーブ!
基本的なウェーブから、自分の得意なウェーブステップを見せてあげる。
ダンスが終わった途端、大きな音でパチパチと拍手をされて、他の練習生にも気づかれて、何か囲まれてしまった。
練習生
凄い、プロみたいですね。その動きどうなってんのー。


ていうか、この子ら絶対に私の事、
先生だと思ってないよな…。