無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

☘️
私をここまで連れてきてくれたのは、テヨンのグループのマネージャーさんだった事が判明した。

そして今、テヨンとマネージャーさんが宿舎の案内をしてくれている。
マネージャー
ここはダンス練習場。あっちにトイレとシャワー室もある。
テヨン
テヨン
お風呂は僕たちの部屋の方にも一つあります。共同だけどね。
マネージャー
あとは足りない物があったら、支給しますから言って下さい。
あなた
えーっと、DVDとか見れる場所ありますか?
マネージャー
部屋の方にありますが、またプレイヤー準備しときます。
テヨン
テヨン
僕の部屋にパソコンあるから使っていいですよ。
あなた
いや、それは遠慮しとくは
テヨン
テヨン
フフフ。大丈夫ですって襲いませんから。
テヨン
テヨン
そうだ、僕たちのメンバーに日本人いるんです。
マネージャー
あー、悠太か。今日は練習終わって、もう部屋に戻ってるだろう。
テヨン
テヨン
あーでも、悠太は別の階にいるから、また今度紹介します。
テヨン
テヨン
お腹空きました。今日はおばさんの料理何かな。
5階にある部屋に戻ると、
キッチンからいい匂いがしてきた。

テーブルの上には色んな料理が大皿で並べられていた。
家政婦さん
おかえり、あれ?見かけない子だね。新入かい?
テヨン
テヨン
新しいメンバーのあなたさんです。まだ非公開なので絶対秘密ですよ。
家政婦さん
分かってるよ勿論話さないよ。それにしても、えらく小柄で可愛らしい子だね。いっぱい食べて筋肉つけなきゃねー。
テヨン
テヨン
あなたさんはこれでもダンスが上手なんですよ。
家政婦さん
まー、先輩達に負けないよう、頑張って👍
テヨン
テヨン
おばちゃん、あなたさんは韓国語まだ話せないだ。日本語と英語だけ。
家政婦さん
あら大変!頑張って覚えなきゃ。ファイティン!
いきなりおばさんが、私に向かって何か言ったが最後のファイティンだけ意味が分かった。
あなた
カムサハムニダ。
私も知っている言葉を頑張って使ってみた。