無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

☘️
ご飯をテヨンとマネージャーさんと3人で食べていたら、男の子3人がキッチンに入ってきた。
ドヨン
お腹空いたー。
ドヨン
あ!テヨン、何だ先に帰ってたのか…
ヘチャン
あれれ〜?お客さん?
ジャニ
可愛い〜、もしかして新人?
私は何が起きてるのか状況が分からず、とりあえず頭を下げて挨拶をした。
あなた
アニョハセヨ〜。私の名前はあなたです。よろしくです。
テヨン
テヨン
あ、紹介するわ。あなたさんは日本から来たダンスの新しい先生です。
ジャニ
ウソ、先生?こんな小柄で?
ドヨン
でも何で先生がここに?
マネージャー
実はテヨンがあなたさんを怪我させて、暫くお世話する事になりました。代表からの指示ですが、新しいメンバーとして宿舎では対応して下さい。
ドヨン
新しいメンバー?
テヨン
テヨン
僕たちと一緒にいるなら、マネージャーかメンバーの方が近いでしょ?
ドヨン
なるほど。カムフラージュだね。
ヘチャン
期間限定って事かな?
ジャニ
怪我大丈夫ですか?
テヨン
テヨン
あ、ちなみにあなたさんは日本語と英語しか話せないから。
皆が盛り上がっている様だったが、会話の内容まで分からず、あなたは食べかけていたご飯を口の中に放り込む。

早く部屋に戻って、勉強したいんだけど…。
ジャニ
あなたさん、僕は英語話せるから、困ったことがあったら言って下さい。
あなた
ありがとう。宜しくね。
さっきから気になってたけど、皆私が女の子だって本当に気がついていないのかな…。

皆綺麗な顔してるから、気が付かないとか?

とにかくバレないように気をつけなきゃな…。

テヨン
テヨン
あ、そうだ彼がドヨン、ヘチャン、ジャニです。早く覚えてくださいね。