無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

告白2
ぺけたんside
き、今日こそは告白してみせる!
とりあえずダホん家行くか!
到着
ぺ なぁ、ダホ。
ン なに~?
ぺ 今日は伝えたいことがある。
ン なに~?改まっちゃってww
ぺ 俺はダホのことが好きだ!恋愛対象として!
ン へ?なにそれ?も、もしかしてこれドッキリ?そ、そうだよね!あはは...
ぺ ドッキリじゃない。
ン な、なんでぺ、ぺけは俺の事好きになったの?
ぺ それはもう、優しくて、面白いし、か、かわいいし...
ン お、俺ぺけが思ってるようないいやつじゃないかもしれないけどいいの?
ぺ 俺はどんなダホも好きだから!
ン じ、じゃあ、よろしくお願いします。
や、やったぁー!!
俺はダホを思いっきり抱きしめる
ン く、苦しい!俺、今一応女なんだけど...
あ、そうだ忘れてた。
ン まぁこれからもよろしくね!
か、かわい過ぎるよこのスマイル!
俺、付き合い始めたら俺の心臓大丈夫かな?