無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

告白
マサイside
最近シルクがなんか変なんだよね...
ぼーっとしてたり、俺と目合わせてくんないし...俺なんかしたかな?まぁ今日シルクん家に行くからそん時聞いてみよ。

数時間後

マ な、なぁシルク...
シ ん?何?
マ えっと...最近さシルクちょっと変だよ?
シ え?ど...どんなとこが?
マ ぼーっとしてたり、え、え~とあと俺だけと目逸らしたり...俺の事嫌いになった?
シ いや!!それは違う!!嫌いじゃなくて好きなんだよ!
マ えっ?
シルクside
や、やっちまった~!!い、言ってしまった。で、でももうここまできたらちゃんと言おう。
シ そうだ...俺はマサイのことが好きだ!やっぱり気持ち悪いか?
マ う、ううん。俺も、シ、シルクのこと好きになっちゃったから...つ、付き合うからには幸せにしてよね!
や、やべぇツンデレマサイもかわいすぎる!
シ お、おう!し、幸せにしてみせる!
マ これからもよろしくね!