無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

き ゅ う わ _ 。




私は、仕事帰りの名取先生を呼んで
 







話を聞くことにした。
あ な た
あ な た
あの、私の事好き…?
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
は?別に好きじゃねーよ
あ な た
あ な た
だよね、ごめん…
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
まだ気にしてる?あのこと
あ な た
あ な た
そ、そりゃ…










名取先生は目を逸らして、2回ほど頷いた。
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
ちょっときて






名取先生は、また手首を引っ張って






ベッドに押し倒した。










名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
こうされても怖くねーの?





そういいながら、名取先生は体を触る
あ な た
あ な た
名取先生だから…大丈夫…//






名取先生は何回も口付けを繰り返しながら、

胸を触る
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
何やってんだ、俺
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
わりぃ
あ な た
あ な た
名取…先生…
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
あぁ、もう
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
なんだよ




.
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
そんな声で呼ぶなよ
あ な た
あ な た
ごめ…
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
なに、誘ってんの?
あ な た
あ な た
ちが…
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
もう無理、我慢できない
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
痛かったら言えよ












名取先生はゆっくりと動きながら、口付けをしたり


あ な た
あ な た
痛いッ…
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
俺の腕…思いっきり掴んでいいから…






そういいながら、名取先生はゆっくりと動く
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
はぁッ…
















.
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
俺さぁッ…お前の事好きみたい…はぁッ
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
俺と付き合って…
あ な た
あ な た
私でいいの…?//
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
お前がいい











ということで、付き合うことになりました
な な
な な
だから言ったじゃん
あ な た
あ な た
ありがと、ななのおかげ
な な
な な
いいえ、笑 私も彼氏作らないとね笑
あ な た
あ な た
頑張って!応援する
な な
な な
ありがと♡