無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

は ち わ _ 。
今日はクリスマス。








1人やだから友達でも誘うか





♡ LINE ♡
ねね
今暇?
な な
な な
ごめん、今お母さんと買い物中💦
そっかぁー
おっけ👍








なながだめか、どうしよ







名取先生……





いやいや、仕事だから無理よ…










でも、クリスマスプレゼント買っちゃったし、




ケーキも、










渡すしかないし…













やっぱり仕事中だからなのか、連絡がとれない…
あ な た
あ な た
夜勤だよね、







私はこれ以外ないと思い、決意して家を出た。
あ な た
あ な た
よし、行くか










数分で病院について、中に入ると真っ暗でちょっと不気味







怒られる覚悟で奥へ進むと、スタッフステーションの明かりが目に入った。








スタッフステーションに名取先生はいなくて、
パソコンと睨めっこしてる白石先生と藤川先生がいた。
藤 川 先 生
藤 川 先 生
あれ、あなたちゃんじゃん笑
藤 川 先 生
藤 川 先 生
久しぶりだね、どうしたの?笑
あ な た
あ な た
あ…
藤 川 先 生
藤 川 先 生
あ!もしかして…名取先生?笑
あ な た
あ な た
は、はい…
藤 川 先 生
藤 川 先 生
今ね、奥に入ると寝室があるんだけど
藤 川 先 生
藤 川 先 生
そこで休憩中だよ笑
話すなら、今だよ
あ な た
あ な た
ありがとうございます…!





藤川先生はにこーっと笑って私の肩を2回叩いてカウンターを後にした。








私は寝室へと向かった。







寝室の扉の前まで来たけど、休憩中で
寝てたら起こすのに気が引ける…










だからって渡さないで帰るわけにはいかないので、勇気をだしてドアを開けた。








それと同時に、名取先生と目が合う。











名取先生はベッドに腰掛けて、イヤホンをつけ、大音量で音楽を聴いている。










でも、そのイヤホンは耳から外され
名取先生の口が開いた。
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
お前、何しに来たの?







絶対そう言われると思ってた。











こんな私でも予測できた。
あ な た
あ な た
今日、クリスマスだから…
あ な た
あ な た
プレゼントとケーキ…







私は恐る恐るプレゼントとケーキを渡す
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
お前さ、
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
病院には来るなって行ったろ?
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
今は雪村がいねーからいーけど
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
またなn…
あ な た
あ な た
私は名取先生に会いたかった…
あ な た
あ な た
誰になんて言われようと…
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
はぁ…
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
プレゼントとケーキ、そこの机の上置いといて










言われた通り、机の上に置いた。
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
お前さ、ほんとバカだよな
あ な た
あ な た
え…?
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
いや、俺に会いたいが為に仕事場まで来るもんな
あ な た
あ な た
だって…
あ な た
あ な た
私名取先生の事、大好きなの、だから…だからどうしても渡したくてだからだk…ん…///










まるで、静かにしろとでも言うように触れるだけの口付けをされた。








私は今起きたこと、整理できない。









今のはなに…?キス…された…









でもどうして…









名取先生には好きな人がいるはずなのに…







なんで私なんかに…キスなんか…
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
そろそろ仕事戻るわ
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
お前、もう帰れよ?
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
なんだよ、
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
俺にされたのがそんな気に食わないのかよ
あ な た
あ な た
そうじゃなくて…
あ な た
あ な た
なんで私なんかに…名取先生、好きな人いるはずなのに…
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
はぁ…









名取先生は、私の手首を引っ張って
ベッドに押し倒した。





その後も口付けをして、名取先生は私から離れた。



名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
わかった?
あ な た
あ な た
え…っと……
名 取 颯 馬
名 取 颯 馬
お前、まだわかんねーのかよ
あ な た
あ な た
ごめん…





運の悪いことに、その後の答えは聞けず








名取先生は呼ばれて、仕事にもどってしまった。





























「それ絶対好きなんじゃん!!」
あ な た
あ な た
そーかなぁ
な な
な な
いや、まず好きじゃなきゃキスなんかしないし!!押し倒したとかもっとしないよ!?
な な
な な
わぁーリア充だあ
あ な た
あ な た
辞めてよ、まだわかんないし
な な
な な
いや、絶対そう
あ な た
あ な た
えー
な な
な な
名取先生だってそこまでやってくれて理解できないとか、バカ?
あ な た
あ な た
バカって言われても、
な な
な な
じゃあ、好きですって言われるまで待ってみれば?
あ な た
あ な た
わかった、そうする