無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

年中年長
作者
作者
そこからは結構覚えてる。
作者
作者
年中年長同じだった先生の事と、年長さんの時の事を話すね。
作者
作者
お遊戯会が終わった後って親は帰るんだけど、
作者
作者
当時まだ5歳だった私は寂しくて泣いちゃったの。かわいいわねw
作者
作者
そして次の日、組の先生と年少さんの先生が話してたのよ。
作者
作者
何話してるのかなって思ってたら、こんな話してたの。
作者
作者
仮の名として、ユリ先生とアヤ先生にしとく。
アヤ先生
アヤ先生
あら、菜月ちゃん。
ユリ先生
ユリ先生
本当ね…w
菜月
菜月
せんせー何話してるのー?
ユリ先生
ユリ先生
昨日お母さんが帰った時菜月ちゃん泣いてたでしょ?
ユリ先生
ユリ先生
お母さんに迷惑かけちゃダメよ。
ユリ先生
ユリ先生
それに泣いちゃダメよw
菜月
菜月
え…?
作者
作者
こんな酷い感じじゃなかったのかもだけど私にはこう見えた。
作者
作者
うろ覚えだけど、泣いて怒られた記憶がある。
作者
作者
その時は
菜月
菜月
(私が悪いんだ…泣いちゃダメなんだ…ママに迷惑かけちゃダメだ…)
作者
作者
って自分を責めた記憶があるなぁ…w
作者
作者
年長さんになっても先生が苦手だった。
作者
作者
年長さんになったらこんな事があった。
吉田君
吉田君
菜月ちゃん、今日菜月ちゃんお迎えなんだって。
菜月
菜月
え?そうなの?
吉田君
吉田君
うん、先生が話してた。
菜月
菜月
そうなんだ。
_________________________________________
ユリ先生
ユリ先生
菜月ちゃんバス乗らないの?
菜月
菜月
なんか今日私お迎えだって吉田君が言ってた。
ユリ先生
ユリ先生
そうなの?でも書いてないわよ
作者
作者
うちの幼稚園はその日お迎えの人とか、早く帰る人は書かれてたの。
菜月
菜月
うーん…急だったから…?
作者
作者
これで結局違ってバスで帰ったんだけど、次の日ね…
ユリ先生
ユリ先生
ほら、吉田君に謝りなさい。
ユリ先生
ユリ先生
吉田君のせいにしてごめんなさい。って
菜月
菜月
吉田君、吉田君のせいにしてごめんなさい…グスッ
作者
作者
結構泣いてた気がする。
作者
作者
でもね、何も年中さんみんなの前で謝らせる事ないと思う…
作者
作者
公開処刑だよ…
作者
作者
それは吉田君の勘違いだったのか、はたまたいたずらなのか…真相はわからない。
作者
作者
それが原因かな…人が信用できなくなってきたのは…
作者
作者
でもね、私友達のせいにしてないんだよ…?
作者
作者
素直に本当のことを言ったんだよ…?
作者
作者
あれはなんだったんだろうな…
作者
作者
そしてもうすぐ1年生になる時…
菜月
菜月
なっちゃんね、なっちゃんね?
ユリ先生
ユリ先生
菜月ちゃんって…変ですよね
ユリ先生
ユリ先生
自分のこと"なっちゃん"って呼んで…
ユリ先生
ユリ先生
もうすぐ1年生なのに…
菜月
菜月
先生、なっちゃじゃダメなの…?
ユリ先生
ユリ先生
お姉さんなんだから私って言わなきゃダメなのよ?
菜月
菜月
そうなの…?(確かにみんな "私"とか"俺"とか"僕"って言ってる…私がおかしいんだ…)
作者
作者
って、そんな事ないやん。
作者
作者
お姉さんって…まだ幼稚園児やん…
作者
作者
なっちゃんじゃダメだったのかな…?
作者
作者
他にも遡って年中さん。
菜月
菜月
さっちゃん頑張れー!!
作者
作者
運動会のかけっこの練習してた。
友達
さっちゃんって呼ぶの変。
菜月
菜月
えっ…?
友達
ちゃんとさ◯ちゃんって呼ばなきゃダメだよ?
作者
作者
○に入るのは本名なため、○にしました。
菜月
菜月
そうなの…?(あだ名ってダメなの…?応援する時はちゃんと呼ばなきゃダメなの…??)
作者
作者
もう幼稚園児ってわかんないね…w
作者
作者
はい、最後の覗き全部夢かもしれないし、悪い方に改造されてるかもしれません。
作者
作者
もしも夢だとしたら、私夢のせいで軽く人信用できなくなったんだけど…w