無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第90話

80
6,490
2021/05/08 02:00

















咳払いをして「おはよう」と返す。










なんで会っちゃうかなぁぁぁぁぁあ!!!










近江 あなた
…………









嫌なんだが、元彼が前にいる中授業受けるとか。










気まずいにも程って物があるでしょ。










それを通り越したからな。










もちろんこの科目は私以外










悟や傑、硝子も取ってなかったから、










誰も救いの手を差し伸べてくれることは無かった。

















海智
あの子とは上手くいってる?
近江 あなた
まあ








いや、聞くなよ。なんで聞くんだ阿呆。










てか浮気したお前はどうなんだよと聞きたい。










あー、でもそれで上手くいってるよとか










言われたらムカつくな。










近江 あなた
………………
海智
…………………
近江 あなた
いや、前向いたら?
海智
ええ、でもなんか………気まずくない?かえって
近江 あなた
いや、こっち向かれて黙られる方が気まずいけど









ほんとこの人ズレてる。










前の私はこいつのこういう所が好きだったのだろう。










今は知らん。











海智
そうなの?
近江 あなた
そうなんだよ








ふーん、と海智が言って前を向いた。










そして何を勘違いしたのか、










海智
ねぇ、ヨーグルト食べる?あなた






と前を向きながら話してきたのだ。












近江 あなた
いやそういう意味じゃないから!







海智にそう言って怒る。










なんでそうしたほうがいいと思ったんだよ。











近江 あなた
話しかけんなってことだからな






そうつけ加えてそっぽを向く。










流石に言い過ぎたかなと咄嗟に考えたが、











もう他人だしいいかと思って黙る。













なんでまたこいつに振り回されないといけないのか。










本当に意味が分からない。














それに話しかけられても直ぐに怒らないあたり、











やっぱり私はまだ海智の事を嫌いでは無いのだろうか。











そう思うと、なんだか悟に申し訳なくなってきた。