無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

157
2021/06/26

第11話












   そして時は過ぎて言った。

   ただ暑い暑い日が過ぎていった。

   家族も友達もいるのに

   なぜか君だけはどこにもいない。











倫太郎「おはようツム」











侑「おはよ」











倫太郎「あれ?あなたまだ来てないの?」











侑「…は?」











倫太郎「いつもなら来てる時間なのに」











侑「角名、」










倫太郎「寝坊したのかな。LINEしてみる。」











侑「おい、角名!」











倫太郎「うわッ、何急に大声出して。」











侑「あなたは、死んでしもうたやろ…?」