無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

155
2021/06/25

第7話

☺︎











   帰って来た君の手には大量の財布があった。











倫太郎「おかえり。」










あなた「みんな盗られた事に気づかなかった」











倫太郎「案外気づかないもんなんだね」











あなた「それか私の腕が良いか」











倫太郎「なにそれ(笑)」











あなた「ふふっ(笑)」











   額の汗も、紐の解けた靴も、


   今となっちゃもうどうでもいいや。


   あぶれ者の、小さな逃避行の旅だ。