無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

154
2021/06/25

第6話












   2人で色んな所へ行った。



   ゲーセン、遊園地、君の大好物のラーメンも。



   他にも沢山行った。



   家を出た時の君の手は震えていたけれど、



   今はだいぶ治まっている。



   俺は君の手を握って笑って見せた。










あなた「!」











倫太郎「次どこ行く?」











あなた「…ん〜。あ、ちょっと待っててね」











倫太郎「?うん」