無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

517
2020/05/28

第14話

帰宅
今日は千君と付き合って最初の学校で、無事に終わった。そして、下校するのに千君と待ち合わせを昇降口でしていた。
お、あなた!
ゆきくん!帰ろ!
あ、ちょっと待って、忘れ物した...
取って来るね!
分かった、門の所で待ってるね
分かった。
やっぱり無意識に緊張してるのかな...
あれ?教室に誰かいる?
一織いおり君?

あ、ちなみに一織君は学年トップの成績をもっていて、私と同じクラスの人。今は同じ班で、よく勉強を教えてくれる。誰にでも敬語で話す礼儀正しい人。家がお菓子屋さんで、20歳を過ぎたお兄さんがいる。
一織君、何してるの?
一織
あ、あなたさん。あなたこそ何しに?
私は忘れ物だよ。あれ?筆箱どこ置いたかな...
一織
一緒に探しましょうか?
あっ、いや大丈夫。千君待ってるし。
一織
千さんですか。一緒に帰るんですか?
うん。家隣だし。
一織
そう、なんですね...
そう言って一織君は立ち去って行った。やっぱり一緒に探して貰えば良かったな。

さ。千君の所行こ。
✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼
私のTwitterをフォローしてくれてる皆へ
@えぐえぐと見せかけてべーこん。
の垢は裏垢にするよ!
(親の監視がやばいからね。)
まぁ、つまり、本垢が出来たわけです。
本垢→@あずてゃん💛(@egu522_love_)
すとぷり垢→@🍓💜あずてゃん💛👑
(@nanamori825)

皆、フォローしてね!仲良くしよ!

分かってるかもやけど、()で調べたらすぐ出るやつね。(?)

今までフォローして下さってた垢はすぐさまフォロー外して下さい。

ご協力よろしくお願いいたします。