無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

559
2020/05/25

第11話

見えた。
私は後ろを振り返った瞬間見てしまった。

電信柱の影からしょうにぃがこちらを覗いているところを。

私はすぐさましょうにぃに駆け寄った。
ねぇ、しょうにぃ。何してんの?
しょう
しょう
えっ?えっ?コンビニ!!
...なんでコンビニ行くだけなのに、電信柱に隠れるの?
しょう
しょう
えっ?えっと...そう!コンビニの方向があなたの学校の方向と同じだから、後ろから行くとバレるじゃん?
ん?バレる?なにが?
しょう
しょう
あっ。えっと。あっ...
私の事つけてただけでしょ?嘘はダメだって前しょうにぃ言ってたじゃん。
しょう
しょう
すみませんでした。どーーーーーしてもあなたが心配で心配で。
普通に千君と登校するだけだよ‪w
しょう
しょう
いや?その、おにーちゃんからしたら心配やん。
いや、だから何が?‪w
~しょうside~

もぉ。あなたは鈍感やな。言わへんよ。
まぁ、なんでもいいけど、帰ってよ!
しょう
しょう
分かった...
✄-------------------‐✄
ばばーん。
じゃがじゃがじゃーん。(?)

ねぇ、皆TikTokフォローしてくれた?皆絡みたいからDMしたい🥺

みんなぁ。頼むよぉ?