無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

654
2020/05/22 23:21
私は幼なじみかつ、好きな人に告白された。
告白されるのは初めてで、とても緊張した。
好きな人に告白され、断るわけもなく、即答でOKを出した。

目の前でこうにぃがぶすくれている。

シスコンだなぁ。って思いながらも、千君の隣に座りテレビを見て、その日は過ぎた。

✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂

今日は、千君と付き合い初めて最初の学校。今までも数回一緒に登校した事がある。その時でさえドキドキして心臓大変だったのに、ましてや今付き合っているだなんて夢のようだ。


ピンポーン♪


千君が迎えに来た音だ。
私は学校へ行く準備をし、深呼吸をして玄関の扉を開けた。

✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂

ちょいと失礼しますね。
えーっと...
すずしょうとテスト!挑戦してくれた方、ありがとうございました!
それで、紹介するってDMで言ったじゃないですか、それなんですけど、親に隠れてDMをしておりますので履歴を消したんですね、その時に、「あっ...みんなのテスト保存してない...」ってなったわけですね。まぁ、えっとつまりは...もう一度テストの解答用紙をDMに送って欲しいんです。ごめんなさい🙏
“〇| ̄|_ドゲザ

それと、小説につきまして、久々の更新となり申し訳ないです。学校だったからぁ~✩とか、課題してたぁ〜(๑>؂•̀๑)テヘペロとかじゃなくて、シンプルにサボりました。申し訳ないです。

気を取り直して制作していきますのでよろしくお願いいたします。また、主の正式に学校開始は6月1日からですので、その日以降の更新は亀になります。塾とかもあるので。

体調には気おつけて過ごします。皆様もお気おつけください。
(まぁ、学校始まった時点で体調は胸糞悪いわ。)

なんやかんやでよろしくお願いいたします。

本編より作者からの方が分量多いとは。