無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

579
2020/05/24

第10話

登校
扉を開けると、そこにはお迎えに来た千君。
よし、行こか。シール持った?
あっ、忘れた!取ってくる!
※シールとは、すずしょうとのすずのモーニングルーティンに登場しました、忘れたらダメ(?)と言われる必須の持ち物でございます。
あー、もう、焦りすぎて忘れ物しちゃった...
シールどこだっけ?
しょう
しょう
何探してんの?
ん?シール
しょう
しょう
あー。あっちの棚の中移動させといたで。
あっ!あった!ありがとうしょうにぃ!
しょう
しょう
行ってらっしゃい〜
ガチャッ
今度は忘れ物ない?
ない!
じゃ、行こ。
うん!
手、繋ぐ?
ドッキリの時、手繋いだけど、改めてとなるとやっぱりできないな...
えっと...
ふふっ‪w
何?恥ずかしいの?
千君分かってるなら言わないでよ!
顔真っ赤‪w
やめてよ‪w
そう言って顔を隠して後ろを向いた時、私は見てしまった。
✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂
はーい。とゆーわけで、すずしょうとテスト紹介致しますね。
これは、みりちゃんの解答用紙ですね。
満点💯💮です(。 ・`ω・´) キラン☆
こっちは夏音さんのものです。
皆満点💯💮だァァァァ!上級編は鬼にしよ。
こちらは麗亜さんのものです。
またまた💯でございまして。ありゃ?簡単過ぎた?次のチャプターでみりちゃんの中級編解答用紙載せます。
とりあえず、改めて送って下さった分のみ載せました。
あ、それと、TikTok始めました。フォローよろしくお願いいたします。

名前→ぺぁ
↑アイコンになります。

よろしければ、フォローよろしくお願いいたします。

DMにてプリから来ましたと言って頂ければ相互致します。