無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

477
2020/01/29

第1話

🦊💙

心臓がドキドキする。

いつもの町を通り抜けるだけなのに、

呼吸が浅くなる。


you
you
まだ、時間あるよね、
駅前の大きな時計台の時計を確認する。
you
you
「駅に着きました💦」
道の端で彼にメッセージを送った。
「僕も着きました。今行きますね。」
と返信が来た。
すると、私の前に高く伸びる影

驚いて顔を上げると
ヨンジュン
ヨンジュン
本日はご利用誠にありがとうございます。レンタル彼氏です。

そう、私初めて彼氏(レンタル彼氏)とデートです