無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

824
2021/04/02

第3話

飲み会帰りに
駅周辺
あなた
ッッッッアー今日はたくさん仕事して沢山飲んだなぁーー!自分偉すぎですねーーーー!アハハ!おかげで終電逃すし………笑えねー……(飲みすぎて判断力が落ちている)
あなた
まーでも1駅くらいなら歩いて帰ればいいか…夜歩くのってちょっと怖いけど…急いで帰れば問題ナシ!…………………って……ん?
人型のデカい何かが壁に寄りかかっている
あなた
え……?何あれ…人……だよね……?
暗くてよく見えない……けど……
あなた
早く帰るためにはあそこ通らなきゃいけないんだけど……怖いな……
あなた
早足で通り過ぎよう……
電灯の下
あなた
ッえ!?あ…え?嘘……(こここっこの人?羽が生えてる!?)
あなた
(しかもこの羽凄くリアルだし……)
ブラック
ブラック
ん……?
あなた
(ヤバい!起こしちゃった!?)
ブラック
ブラック
カメラちゃんですか……?すみ…ません……オレちゃんから…探せなくて…
あなた
(カメラちゃん……?この人もしかしてコスプレイヤーとかかな…?羽生えてるし…カメラマンとかとはぐれたのかな…?)
ブラック
ブラック
今……少し体が動かなくて……オレちゃんに付き合ってもらったのに……本当に…すみません……
あなた
…………
あなた
(何だかこの人……ほっといたらマズイ気がする……めちゃくちゃ弱ってるし…もしかしたら死んじゃ……いやいやそれは無い……と思う……)
あなた
…………あの……
ブラック
ブラック
……すぅ……すぅ……
あなた
(ねっ寝ちゃった……でも今日寒いしこんな所で寝てたら……本当にヤバい!!)
あなた
(幸い家まであと少し…一か八か背負って助けてみるか……ヤバそうな人だったら途中で捨てよう)
あなた
大丈夫ですか?せっ…背負いますよー?
あなた
うっ重……ってかこの羽なんで取れないの?まあいいか……死なれちゃ寝覚めが悪いからね……