無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🎞

今日から書き方変えます!

『』 は、sideの人のセリフ

〇〇「」は〇〇のセリフ

吹き出しはLINEの会話にします!



このスタイルで行きます!






























































あなたside


大西くんに応援されながら

楽屋に戻ってます!











流星「あなたちゃんなら行けるって!

あ、ここだけの話やで?

長尾な、ずーっとあなたちゃんの話してるん

やで!」




『えっ、私の話を?!』



流星「せやでー!😊」


『嬉しい…//////』



流星side

うわぁ、めちゃくちゃ喜んでる!

可愛すぎ!よーし後で長尾に見せよ〜

カシャッ📸


あ、やば!シャッター音出ちゃった!






あなた「えっ!?」


『ああ!ごめんごめん!

ちょっと…あの、、あ!

あのオブジェ!おもろいからみんなにみせよー

って思って!』




あなた「あぁ!なるほど!笑笑」



『うん!笑笑』





あぁぁあ、危なかった〜!笑笑


てかさっきの写真ほんまに可愛い!


無加工で盛れるあなたちゃんすご!


僕とか角度で生きてるから!

(((いやいやいや、普通にどの角度でも可愛い
し、かっこいいで!by作者





『あ、着いたでー!』




あなた「なんか急に緊張する…」



『大丈夫やって!僕もいるから!』


あなた「はい!ありがとうございます…!」





ガチャ 🚪










長尾「あ!やっと帰ってきたー!」


西畑「あなたちゃん!流星となにしてたん?!」



大ちゃんは僕のこと大好きだからね。

いっつも質問攻め♡

まあ別にええけど! ((大西畑尊い…by作者




『まあね!笑 』


あなた「はい!笑笑」


『あなたちゃんの相談に乗ってた!』


西畑「は?え!コソッ なんの相談?」


あなた「えっ//////いやぁ、それはぁ、」


西畑「あなたちゃん恋してます!」


長尾「ぇぇぇええ!!!

だっ、誰に…??」









あ、謙杜の表情ちょっと暗なった…


これってやっぱ好きやん!?

あなたちゃん頑張れー!




恭平「 俺の予想!流星くん!」



西畑「え、なんで?笑」



恭平「 俺の勘っす。」


西畑「いやいや、ちゃうやろ笑笑」


恭平「え!なんでっすか?!」


西畑「だって自分の好きな人に相談せんやろ!」



『うん笑笑 僕ちゃいますよ笑笑』


藤原「お前ら考えろって笑笑」


長尾「誰!?あなたちゃん!!!!」


あなた「ええっ?! ///////」


長尾「あ、みっちー?……」


あなた「違いますっ!」



長尾「もしかして………




俺っ?!」




あなた「……」

やば、どーしよ、


『もおおお!可哀想だよ!

男にたくさん囲まれて質問攻めされて!』



長尾「あ、せやね!…ごめんっ!」


西畑「にしはたも考えとらんかった!

ごめん!」


あなた「気にしないでください!」










長尾side


さっきからみっちーが遠くでじーっと俺らを

見てるんやけど。


え!怖!






『みっちーみっちーみっちー!』


道枝「うわぁ!

もー!なに!笑笑」


『いや、みっちー暗ない?』


道枝「 いや、あなたちゃん頑張れって

普通に応援してた。」



『え、なんで応援?』


道枝「それはぁ、言えへん。」


『なんでよ!笑』


道枝「まあね笑」


『…ねぇ、それってさ。

あなたちゃんの好きな人とか関係する?』



道枝「えっ?!いや、えーっとー、」




『…教えてぇぇぇぇ!!!!!』



道枝「わっ!うるさっ!」



『あなたちゃんの好きな人って誰なん?!』



道枝「…………」



『俺も知ってる人?!』



道枝「…まあ。」




『……誰なん…。』



道枝「…長尾…………。」





























next👒