無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

第3話
桜
はる..ま?
桜
嘘だよね?
桜
私の記憶ないの?
春馬
春馬
すみません
あなたのことは知りません。
桜
嘘でしょ(´;ω;`)
タッタッタ私は病室を飛び出した。
ドン
桜
えっ?
誰かにぶつかった
春馬の母
あら桜ちゃん?
桜
おばさん。私、私のせいで
春馬の母
ううんいいのよ
桜ちゃんが無事で
桜
でも春馬記憶が...
春馬の母
お医者さんが言うには、記憶戻るかもって
桜
そう..なの?
春馬の母
そうよ。だから自分自身を攻めちゃダメよ
桜
ありがと..う..ございます。
春馬の母
さぁ今日はもう帰りなさい
春馬の母
また会いに来てね
桜
はい。
次の日
桜
はっるま❤
会いに来たよ
春馬
春馬
昨日の
桜
私、桜。春風桜って言うの
一応春馬と付き合ってたけど....覚えてないよね。
春馬
春馬
すみません
桜
ううん、いいの
桜
また来るね
私の頬を熱い物がつたっていた。