無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

651
2020/04/06

第13話

🐣 🐯





__ テヒョン先輩と付き合って 早 1ヶ月 __















私はある事に悩まされている .









👦🏻
あなたちょっといい ?
あなた

はい .









__________________






👦🏻
~ でさ 
あなた

… ふふ っ … そういえば私も _






.










テヒョン
テヒョン
あなた .


.




👦🏻
あ、 話しすぎちゃったね . ごめんね
あなた

いえいえ ! またお話させてください .





.





_____________











テヒョン
テヒョン
あなたさ 、 楽しそうに何話してたの ? 
あなた

世間話してた .





.



テヒョン
テヒョン
 ‘  また話す  ’  とかないから .
あなた

え ?

テヒョン
テヒョン
俺以外の奴と話してて 楽しかった ?
テヒョン
テヒョン
俺より話面白くてめんどくさくなさそうでいいなとか思った ?
あなた

お 、 思ってないよ !!

テヒョン
テヒョン
… だよね . 
あなたは僕だけのものだもんね



.




テヒョン
テヒョン
だから 僕とだけ話してればいいんだよ 
世間話も僕とだけしてればいいの .
あなた

そ 、 そうだね .














私が悩んでいるもの . それは ‘ 束縛 ’ だ .













私が 男の子と話してると テヒョン先輩 は ひどく腹を立たせて 私を責める .

私が テヒョン先輩が好き という表現をしない限り テヒョン先輩は私を責め続ける .








特に テヒョン先輩が腹を立たせている時は 

私が ジミン と話している時だ .














テヒョン
テヒョン
あなた は 僕だけをみてればいいの .


.





あなた

__ うん .