無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

811
2020/03/29

第5話

🐣 🐯




.




ジミン
ジミン
あなた ~ !!!!!!

.
あなた

(げ)

あなた

なに ?

ジミン
ジミン
なんで今 げ って言ったの !!?



少しウルウルした目で 私に 訴えてくる





あなた

ごめんごめん

あなた

で 、 なに ?


.
ジミン
ジミン
ふふ ~ ん !! 




.







ジミン
ジミン
クレープ !! 食べいこ ?

.
あなた

行こう


.

ジミン
ジミン
あなた クレープ大好きだもんね ㅋㅋ
あなた

う 、 うるさい !! 昔から好きなもんは 好きなの !!


.
ジミン
ジミン
僕の事も好きになればいいのに .

.
あなた

好きかどうかは クレープ食べてから ! ほら ! はやく !





私は 拗ねるジミン の腕を ガシッ と掴んで クレープ屋さんまで歩いていた .















テヒョン
テヒョン
あなた ?








どこからか テヒョン先輩の声が聞こえた気がする .









テヒョン
テヒョン
あなたってば ! 






テヒョン先輩 の声が聞こえたかと思った瞬間 、 私の背中に暖かい物が触れた .








あなた

テヒョン先輩 ?


.
テヒョン
テヒョン
どこ行くの ?





テヒョン先輩 の声は私の耳元から 聞こえてくる .






あなた

テヒョン先輩 この状態って … なんですか ?


.
テヒョン
テヒョン
ん ~ ? あなたがいたから思わずハグしちゃった .











あの … 1人だけ すっごい目でこっちみてくる子がいるんですが …










ジミン
ジミン
僕も (ハグしたい)
ジミン
ジミン
ねぇ ! あなた ! はやくクレープ屋さん行こ !






駄々をこねる子供のようにさっきまで拗ねていたはずのジミンが 私の腕を グイグイ と引っ張ってくる







テヒョン
テヒョン
あなた 、 クレープ屋さん行くの ?


今もテヒョン先輩の声は私の耳元から 聞こえる .







あなた

は 、 はい .



.

テヒョン
テヒョン
僕も行きたい .



.