無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

861
2020/03/28

第4話

🐣 🐯



私が ジミンの事について テヒョン先輩に相談していると












テヒョン
テヒョン
そういえば あなた ってどうしてこのサークルに入ってきてくれたの ?

.

あなた

え 、 あ 、 えっーと …







写真 サークル ( と言っても同好会みたいな感じだけど ) に入ったのは もちろん .





あなた

(テヒョン先輩がいるから)


.

テヒョン
テヒョン
ごめん ! もう1回言ってくれる … ?



.


あなた

色んな写真撮ってみたいな〜 って思って !


.
テヒョン
テヒョン
そうだったんだ ! 
僕 、 あなたが写真撮ってる時の姿 好きなんだよね .
テヒョン
テヒョン
( どんなあなたの姿も僕だけがみれればいいのに )


.
あなた

ありがとうございます ㅋ
たくさん撮っちゃいますよ !!


.
あなた

やばい ! こんな時間だ ! テヒョン先輩 先失礼します !!


.
テヒョン
テヒョン
またね (( 手を振る



私はその場を急いで立ち去った .





__ 🐯 ________________











テヒョン
テヒョン
今日のあなたも可愛かったな ~ 

.
テヒョン
テヒョン
僕だけがあなたの事を知ってればいいのに ジミンって奴にとられたくないなぁ .

.



テヒョン
テヒョン
まだまだ愛し足りないのに .





.