無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

710
2020/04/03

第7話

🐣 🐯



.





あなた

クレープ美味しかった !!








好きな テヒョン先輩 とクレープ食べれたの幸せだったなぁ … 。







ジミンはおいといて





_______________










それから しばらく ジミンとテヒョン先輩と話をした














さっきよりも テヒョン先輩 の笑顔が少ないのは気のせいかな ・・・ ?



ジミン
ジミン
じゃ ~ そろそろ解散する ?

.
あなた

もうこんな時間なの ?!






スマホをみると 時刻は午後8時を差していて 日も沈み 辺りは暗くなっていた .





ジミン
ジミン
僕はもっとあなたといたかったんだけどなぁ …






ジミンの手が私の手に近づいてくる








テヒョン
テヒョン
やめろよ

わたしの手に近づいていたはずの ジミンの手
テヒョン先輩の手の中にある .










その時のテヒョン先輩は ジミンに対して敵意を向けているような気がした .












ジミン
ジミン
なんですか テヒョン先輩 ~ ! 
テヒョン
テヒョン
あなたが嫌がってるだろ 




.



ジミン
ジミン
( 嫌がってるって 、 笑 
本当はテヒョン先輩が嫌のくせに )








ジミン が 険しい顔をしたかと思ったら いつもの笑顔に戻った .







ジミン
ジミン
テヒョン先輩は 自分を抑えすぎなんですよ 




呆れたように テヒョン先輩 は笑う


テヒョン
テヒョン
そんな余裕ぶってたら後悔するよ ?


.




あなた

( 何の話してるの ? )




____________________



その後 、 私はジミンとテヒョン先輩が話していた内容が 分からず仕舞いのまま 解散になった .