プリ小説

第4話

よん
詩織
おかえりなさい!遅かったわね。
詩織
その方が王女様?
佐藤勝利
ああ、
篠田 舞
だから、さっきから王女ってなんなんですか?
佐藤勝利
後で、みんな揃ってから説明する。
篠田 舞
みんな?
詩織
たぶん、皆さんお揃いですよ。こちらです。
案内されたのは、お城の中でも特に薄暗い部屋。そこには4人の男性がいた。
健人
可愛いじゃん!もしかして、姫?
かーわいい!
マリウス
うん!
風磨
でも、ニンゲン?
佐藤勝利
ああ。
篠田 舞
早く説明してよ。
佐藤勝利
ああ。
健人
俺が説明するよ。
篠田 舞
お願いします。
健人
ここはね、闇の国。人間界とはまた別の場所にあるんだよ。
健人
闇の国には、朝が来ない。ずっと夜なんだ。
健人
そして、我が王家にはね、あるお話が伝えられているんだ。
篠田 舞
お話?
健人
うん。それはね、何万年かに1度人間界に王女が現れる。その王女を見つけ出し、闇の国の王となるものの妃とする。ってね。
篠田 舞
王女ってどうゆうことですか?
健人
この世界にはね、生まれた時から運命の役職が決まっているんだ。だから俺らのように王子という位の者もいる、君のような王女という位の者もいる、もちろん庶民という位もいるさ。
篠田 舞
その役職が、私は王女っていうこと?
健人
そうだよ。
健人
人間界でも昔あったようにね、こちらの世界も異母兄弟というものが存在するんだ。俺らはその関係。だからこの中から王が決められるんだ。今は王がもういつ亡くなってもおかしくない状態なんだ。
健人
例年だったら、王子が王女を見つけだしその王女が次の王を決める。そして新王と王女は結婚する。
篠田 舞
それは、私がやること?
風磨
そうだ。
マリウス
でも、今回は王女を見つけるのに時間がかかっちゃってさあー
早くしないと国民がまた怒ってるよ!
佐藤勝利
それは、お前らが探すのを手伝ってくれないからだろう。
バカバカしい。私にはなんにも関係ないじゃない!
私は部屋を出た。
これからどうすればいいんだろ。どうやって元の世界に戻るの?
すると、
佐藤勝利
おいっ
篠田 舞
何よ?
佐藤勝利
お前は王女なんだぞ。
篠田 舞
だから?私には関係ないじゃない!
佐藤勝利
関係ある。
篠田 舞
?!
佐藤勝利
助けてやっただろ?さっき
篠田 舞
それは...、あなたが勝手にやっただけじゃない!
佐藤勝利
死ぬところだったんだぞ
篠田 舞
.......分かったわよ。何すればいいの?
佐藤勝利
とりあえずは何も無い。ただこの城に居てくれ。
篠田 舞
分かったわ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こゆ
こゆ
☆好きなアイドル →ラストアイドル →けやき坂46 →Sexy Zone ☆ラストアイドル →特に好きなのは? ラルーチェ →推しは? 安田愛里ちゃん! →好きな歌は? ソメイヨシノ ☆けやき坂46 →推しは? 佐々木久美、齊藤京子、井口眞緒 →好きな歌は? ひらがなで恋したい ☆Sexy Zone →担当は? 松島聡 →好きな歌は? ぎゅっと カラクリだらけのテンダネス マカロン、大好きです♡ 私との共通点、ありました? ぜひ、よろしくお願いします♬