プリ小説
一覧へ

第5話

ありがとう。
小説の前に。
更新大変遅くなり申し訳ありません。
ドラマの6話から書いていきたかったのですが、、もう終わってしまいましたね😭😭😭
毎週火曜日が私にとっては唯一の楽しみでした。
火曜になると学校一日頑張ったら花のち晴れ見れる!と思って頑張って学校へ行っていたのに次からもうないなんて嫌すぎる。
本当に最高のドラマでした。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
さて話は結構飛びますが花のち晴れ最終回。
皆様ご覧になったでしょうか。
これで音ちゃんの神楽木か天馬くんかの決着が決まる!ということでワクワク、ソワソワしてたと思います。
9話か10話の時、ドラマの終了が近づいてきている時に神楽木は女性をキュンキュンにさせたあのシーン、覚えてますか?
恵比寿ガーデンプレイスで神楽木、音ちゃん、天馬くん、近衛さんで4人でいて
音ちゃんが神楽木にスプレーの事件のことを話さずに謝っていたら『そんなことはどうでもいんだよ』とこのあとから本当に神楽木のかっこよさが伝わった。
『馬鹿かてめぇは!』と急に怒鳴って『そんなの…一択だろ!あってようが外れてようが、好きな女の言ってる事信じなくてどうすんだよ!…こいつの気持ち考えればわかるだろ!』とね。ここは本当にやばかった。
そのあと音ちゃんが1人にさせてっていって神楽木が帰ったかと思いきや、恵比寿ガーデンプレイスで1人で音ちゃんが座ってたら後ろから神楽木登場😍💗
これだけでもやばかったのに…

そのあと音ちゃんが帰っていると後ろから…
『江戸川』と言ってバックハグ😍💗
ここが1番やばかった。
『1分だけ。』って…1分でも死にますよ。
その時音ちゃんは、ずっとこのままがいいって思ったんだよね。

最終回、音ちゃんが自分の気持ちに素直になって神楽木のところへ行ってくれて嬉しかった。天馬くんも音ちゃんを送り出したのかっこよかった。

キャストの皆様撮影お疲れ様でした。
続編あることを期待しております。
いやでも、それから…それから…それから…それから…だからきっと続編あるよね!?

漫画では、続きが『半年後の夏だった』らしい。だからそうなるように続編して欲しいな💗

END.
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
これで花のち晴れの小説は終わりです。
つまらない駄作な小説にも関わらず、読んでくれた方、お気に入りにしてくれた方ありがとうございます。
これからもどんどん色んな小説書いていこうと思うのでそちらの方もぜひ見て頂けると嬉しいです。
それでは次の小説までお待ちください。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

も か
も か
OPEN. ARASHIC / にのちゃん💛 JC2 "05line