無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
414
2018/07/16

第1話

淡い恋心
杏夏side




勢い良く教室の扉を開けて涼太の席へ飛んでいく。
杏夏
杏夏
おっはよ〜っ!!
涼太
涼太
うおおっ…なんだよww
杏夏
杏夏
なんだよじゃないよ七夕祭りだよ!
涼太
涼太
あー、行きたいの?
杏夏
杏夏
うんっ!!!!
なんで……







なんで小学生の頃から大好きなのに伝えられないんだろ……。
よし、今日の七夕祭りで告ってやる。
涼太
涼太
じゃあ行く?
杏夏
杏夏
もちろんっ!
涼太
涼太
……ところで杏夏。
杏夏
杏夏
なーに??
涼太
涼太
宿題やってきた?
杏夏
杏夏
しまった……


昨日、涼太と長電話してたせいで思いっきり忘れてた……。
涼太
涼太
その あ は忘れたんだなー??
杏夏
杏夏
もう…涼太と長電話してたせいじゃんっ!!!
涼太
涼太
なーんで俺のせいなんだよwww
あー…楽しい。
宿題は忘れたけど涼太とこうしてつるんでるのが楽しくて仕方ない。





私、馬鹿だなあ……