無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

258
2018/07/23

第8話

俺は馬鹿
杏夏side
みんな……ごめん……
お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、涼太……
ごめん…ごめん……
私……みんなのために死にます…
(杏夏が橋から身を乗り出す)





_____さようなら。










――――――――――









涼太side
俺……この判断あってるんだよな…?


杏夏が好きだ…。
((prrrrr))
誰だ…こんな時間に…
杏夏のお母さん……?
涼太
涼太
も、もしもし…
杏夏の母
杏夏の母
涼太くんっ…杏夏がっ…杏夏がっっ……
あーっ……俺馬鹿だっ……
なんで守れなかったんだよ……!
涼太
涼太
今どこにいますか。
杏夏の母
杏夏の母
○△□病院……
涼太
涼太
今行きます。待っててください。










――――――――――









涼太
涼太
っはぁ……はぁ……
杏夏の母
杏夏の母
涼太くん…
涼太
涼太
杏夏……!?杏夏っ!!!
杏夏の母
杏夏の母
杏夏はね…飛び降り自殺したの…
杏夏の母
杏夏の母
それで近くにいた人が通報してくれて…意識がまだ戻らないの……
自分をぶん殴りたい。

杏夏は迷ってた俺よりずっとずっと悩んでたのに……俺は何してんだよ……
馬鹿……馬鹿馬鹿馬鹿っっ…………!